安定期になるまでが大変

妊婦に必要な栄養

医者

妊娠すると身体にいろいろと変化がおきます。まず妊婦になってまもなく多くの人につわりの症状が出ます。つわりの症状には個人差があり、軽い人もいれば水さえも飲めない重度の悪阻で苦しむ妊婦さんもいます。つわりが酷い場合は妊娠中に必要な栄養が十分にとれません。 妊婦さんに必要な栄養素の代表が葉酸ですが、この葉酸はほうれん草などに多く含まれています。一日に必要な葉酸の量をほうれん草などの野菜で摂取することはなかなかできないので、普通はサプリメントで補います。 安定期に入りつわりの症状が落ち着いてくれば、食欲も増し、今度はお腹の赤ちゃんの成長のためにいろいろ必要な栄養を摂っていくわけですが、あまり食べ過ぎると体重の増加になり、妊娠中毒症という症状にもなりかねませんので、妊婦さんは栄養の摂り方には注意が必要になります。

妊婦に必要な栄養とは

妊婦とさんいうのは、自分が食べた物が直接お腹の赤ちゃんに行くわけですので、栄養についてはよく考えていく必要があります。 特に妊婦さんに重要な栄養素といいますと、葉酸、鉄分、カルシウムなどが挙げられます。 新しい細胞ができていくという意味では葉酸は大変重要な栄養素です。 また、妊婦さんは貧血になりやすいということもありますので、鉄分はできるだけ食事で気を付けて摂っていきたいものです。 プルーンやレバーなどが効果的です。 さらに、カルシウムも、赤ちゃんに流れていきやすくなりますので、妊婦さんは小魚や牛乳、小松菜などを食べたり飲んだりすることは大事です。 栄養に関する相談を行っている病院もありますので、カウンセリングをしてみても良いでしょう。