胎児を守る為に摂取する

葉酸は身体の中でどう働くのでしょうか?

サプリメント

葉酸は、ビタミンB群に1種です。 ビタミンは体の中で作る事が出来ず、体を正常に働かすには、必ず必要な栄養素で、食物を分解してエネルギーを取り出す時使われる酵素の働きを助ける作用があります。 葉酸の働きは、まず遺伝物質DNAやRNAの拡散の語言う性にかならず、必要です。 2つ目は赤血球の合成に使われます。 3つ目は、グリシンやセリンやメチオニンのようなアミノ酸の合成に必要です。 4つ目は、皮膚粘膜の強化作用があります。 5つ目は口内粘膜の強化作用があります。 葉酸が不足すると、悪性貧血(DNAの合成障害で起きる貧血)や口内炎や食欲不振や下痢が発生します。 また、妊婦さん(4週から18週の胎児の細胞分裂が盛んな時期)の葉酸が不足すると、胎児の神経障害がおこりやすくなります。

1日の葉酸の必要量とそれを含む食物について

葉酸の1日必要量ですが大人の男女で1日200μg(マイクログラム)で、妊婦が1日400?で。授乳婦の場合は1日280?です。1日の上限量は1000μgといわれていますが、葉酸は水溶性なので、過剰摂取しても、腎臓から、尿中に排泄されるので、それほど心配はありません。 葉さん 葉酸を多く含む食物は、牛や豚や鶏のレバーや枝豆、ささげ、ひよこ豆、大豆などの豆類そして菜花、ほうれん草、ブロッコリー、グリーンアスパラガス、春菊、タカナなどの緑黄色野菜です。 葉酸は、水に溶けやすく加熱に弱いので、なるべく生の新鮮な状態の物を食べ、煮込み料理にした場合は、煮汁もしっかりと飲みましょう。 食事で不足を感じる場合は、サプリメントを利用するのも賢い方法ですが、葉酸は、光に弱いので、直射日光を避けて保存をする事が大切です。